科の紹介[デザイン学部]|関西学生向け求人マガジン[カレジョブ]

ホーム > 大学情報 > 京都府 > 京都精華大学 > 科の紹介 > 科の紹介[デザイン学部]

デザイン学部について紹介

何について学ぶのか

デザインというのは、世界を変える力を持っていると言われています。それは作る人の考えをデザインという物に表しているからです。表現の仕方1つで善にも悪にも変わるのがデザインです。だからこそ基本の基本である社会の仕組みなどをしっかりと理解しておかなければいけません。デザインのモデルやスタイルを学ぶのではなくて、基盤に何を置いているかという部分を学びます。

 

どういった就職先があるのか

デザイン学部の静との就職先は多種多様なので、1つを特定することは出来ません。今までの卒業生たちの就職先で一番多くあったのが会社の広告部署です。キャラクターなどのイメージしなければいけない時にデザインを勉強してきた人が必要なようです。

 

講師について

山崎裕次郎について

このデザイン学部というのは他の学部の様に決められている事を学ぶのではありません。自分の想い通りにしていくことが素晴らしいデザインを想像できるのだと思います。生徒の想いを潰してしまわないようにすること、それと私達教える側が最もしなければいけないのは方向が大きく間違わない様に誘導する事です。

 

ゼミについて

ゼミを行なう時は大きく分けて2つあります。私の研究を発表する時が1つです。もう1つは生徒の成果を見る時です。講義とゼミの違いはそこにあります。

選ばれているワード

トップへ
Copyright(C) 関西学生向け求人マガジン[カレジョブ] All Rights Reserved.