[和握り]-京都産業大学にある食堂の紹介|関西学生向け求人マガジン[カレジョブ]

ホーム > 大学情報 > 京都府 > 京都産業大学 > 食堂の紹介 > [和握り]-京都産業大学にある食堂の紹介


京都産業大学内にある和握りについて

営業時間

10:00から21:00までが店の開店時間ですが、商品の具材が21:00までもつことはないので毎日19:00頃には見せ閉店しています。

 

店長のこだわり

店長がこだわっているのは、厳選された食材を扱うことです。トップ10にも入らない和握りもありますが、お米も厳選したものを使用し塩も最高級の塩を使っています。

 

人気ランキング

第3位 焼カツオ

カツオは一本釣りであげちゃ物をスグに凍りでしめたものを港から直接買い付けます。コレには従業員の手数料がとてもかかっていますが、本当に最高の味の和握りが完成します。これは、大学3年生より4年生が多く好む味になっています。

 

第2位 焼牛

これは、男女共に好きな学生が多い商品として全生徒からの支持を得ています。「焼牛」を説明すると実は焼牛には3種類があるのです。入っているものは店主しか知らないので3つ全てをコンプリートした人はそう多くはないと思います。そして焼牛の3種類の中身というのは、1つ目がハラミになっています。2つ目はカルビになっています。ハラミより脂身が多くて男性に好かれるのはこちらだと思います。そして最後の3つ目ですがこれはバラの部分です。バラは、男性にも女性にもとても人気のある部位です。

 

第1位 焼たらこ

これは、昔から変わりません。女性も好きですが断然男性の方が好まれています。全ての人に好まれていないのに、全ての人に好まれている焼牛よりも人気が高いのは、1人で2個も3個も購入される人が多いからです。

選ばれているワード

トップへ
Copyright(C) 関西学生向け求人マガジン[カレジョブ] All Rights Reserved.