社国際大学-サークルの紹介[少林寺拳法部]|関西学生向け求人マガジン[カレジョブ]

ホーム > 大学情報 > 社国際大学-サークルの紹介[少林寺拳法部]

少林寺拳法部

「少林寺拳法」と聞くと、何となく中国のイメージがある方がほとんどではないでしょうか?しかし、少林寺拳法の発祥は、意外や意外、日本の香川県なんです。生まれたきっかけは、暴力から身を守る護身術として。そのため、「攻め」よりも「防御」の型であることが多いですね。競技は「演武」が中心で、2人一組の「演武」、ソロで行う「単独演武」、7人前後の「団体演武」などの種目があります。また体重別に対戦形式で行う「立合評価法」もあります。

やっている人

当部は経験者と未経験者がほぼ半々、男女比では6:4くらいの構成です。経験者はもちろん、未経験者でも大会で多くの入賞者がいるんですよ。

こんな活動しています

練習日は、平日に3日間。土日は基本的にはお休みです。ただし、大会参加に向けた活動をすることもあります。また、「大会への参加はしたくない」といった方の参加も認めています。そのような方であっても、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

サークルメンバーから一言

少林寺拳法が鍛えるのは、体力だけではありません。精神力も養います。社会に出た時、「仕事や人間関係で辛いことがあったとしても、少林寺できた得た精神力で乗り切った!」と話す先輩が大勢おられます。そういった面でも、少林寺拳法をしていくメリットは大きいのではないでしょうか。

選ばれているワード

トップへ
Copyright(C) 関西学生向け求人マガジン[カレジョブ] All Rights Reserved.