[経営学研究科]兵庫県立大学-科の紹介|関西学生向け求人マガジン[カレジョブ]

ホーム > 大学情報 > 兵庫県 > 兵庫県立大学 > 科の紹介 > [経営学研究科]兵庫県立大学-科の紹介


経営学研究科について紹介

この大学に行くにあたりの気になるのが科ですよね。私が兵庫県立大学でオススメの科は、経営学研究科。

創設は昭和28年。半世紀にわたる理論と実証、そして批判と創造を、コンセプトとして学んできました。優秀なスタッフを集め、高い研究水準を保ち、それに裏付けられた自由でいて緻密な教育。卒業の先輩方は、わが国を先導する研究者ばかり。本研究科では、経営学と会計学の分野におき、わが国を先導する役割を担っています。そして平成14年度より、「グローバルビジネス専攻」へと再編成。さらにフレキシブルな研究と教育体制を採りいれております。そんな本研究科の教育の方針は「考える実学」。実社会への旺盛な探求心を持ち、世界的視野を兼ねた人を育てます。学んだ成果をもち、経済社会の発展へ積極的に貢献できる人へなって欲しいのです。

何について学ぶのか

企業等の経営と会計だけでなく、産業の諸領域に関わりを持ち、広い視野に立って研究・学修する人を育てます。

どういった就職先があるのか

コンサルティング会社やシンクタンクなどがあげられます。各種公的機関の研究職という道も可能です。また、身につけた能力は、公認会計士や会計専門職・ファイナンス専門職でも活かされています。

講師について

経営学研究科では分野毎に複数人の担当講師がいる研究科です。その理由としてあげられるのは、変化の大きな分野の学科ということ。多人数で講義内容を審議審査する対策が必要不可欠なのです。

嶋田泰明講師について

経営諸科学における民間部門・公的部門など、学問的諸課題を研究しておられます。

専門・研究

経営学・マーケティング・情報・コンテンツなどの専門研究分野があります。

ゼミについて

最近注目を浴びているのが、経営学をいかに地方自治体へ適応させるかについて。組織の運営というマネジメントに始まり、戦略・マーケティングなど、地方自治体の生き残りをかけた重要課題となっています。そこで本ゼミでは、経営学の地方自治体適用を学びます。

選ばれているワード

トップへ
Copyright(C) 関西学生向け求人マガジン[カレジョブ] All Rights Reserved.