[現代社会学科]大手前大学-科の紹介|関西学生向け求人マガジン[カレジョブ]

ホーム > 大学情報 > 兵庫県 > 大手前大学 > 科の紹介 > [現代社会学科]大手前大学-科の紹介

現代社会学科について紹介

大手前大学は関西なら多く知っている人が多いのではないでしょうか?今回は大手前大学で人気になっている現代社会学科について特集してみました。

現代社会学とは、市民運動・市民活動の現場に触れつつ実践的に社会学を学ぶ学問です。生きた現実に触れることで、最初の印象が何か別のものとして感じられるかもしれません。現在の日本社会の中では、環境保護やゴミ問題、老齢者・障害者支援など、さまざまな場所で多様な人々が市民運動・市民活動に向き合っています。現代社会学科では、現代の社会において理論的な学びと、市民運動の現場で得られる体験の双方向性を大事にしています。授業だけではない実習をとおし、体験することで知識を深め、社会に役立てるための専攻です。

何について学ぶのか 

さまざまな社会現象を研究し学びます。ものごとに関わることで見つめられる価値感。それらを多元的に捉え、共存を可能にしていく社会を考えます。心と社会を一つにし、社会で起きている現象を認識する人を目指しているのです。

どういった就職先があるのか

マスコミなどメディアや、広告業界。金融業。情報通信業。地域開発の立案に携わる公務員。社会調査研究の企画や分析担当者。

講師について

分野はあまり多くなく、担任する講師も少人数となっておりますが、その分野における有数の講師が名を連ねており、その学習の深度には自信を持っております。

大友定次講師について

福祉社会の学会員であり、本校講師もして頂いております。福祉に関する書籍も多数出される、著名な方です。

専門・研究

人の生と死を社会学として捉える分野があります。向かい来る老人介護問題に立ち向かう分野だと言えます。

ゼミについて

一年次には、心理社会研究を行います。二年次には、それを元に研究法を学び、研究演習を行います。三年次には、現代社会を学びます。ライフサイクルについても考える時間となります。そして四年次、学びを中心とした卒業論文の作成に取り掛かるのです。

選ばれているワード

トップへ
Copyright(C) 関西学生向け求人マガジン[カレジョブ] All Rights Reserved.